高層マンションに住んでいる子どもは自立が遅くなるってホント?

ふじきちです。

最近、アベノミクスの影響で都心に高層マンションが完成していますね。

たしかに、ステータスは手に入るんですが、失うものも多いんです。

今回は、子どもに関する心理を覗きたいと思います。

最近は、都心のあちこちに20階を超えるマンションが建つようになりましたね。

このような超高層マンションは、経済的な豊かさを感じさせるシンボルとして、人気が高いそうなんです。

でも、このマンションの高層階(6階以上)に住む子どもたちは、低層階(5階以下)に住む子どもたちよりも、

自立が遅いということがわかったんです。

東京大学医学部が、高層マンションに住む6歳以下の子どもたちを対象に、アンケート調査を行った結果、

自分で服を着ることができると答えた子どもの割合が、

低層階では、79%

だったのに対し、

高層階では、48%

という結果になったのです。

そして、靴を自分で履けるかという質問に対しても。

高層階では、82%

だったのに対し、

高層階は48$

にとどまったんです。

調査項目は11項目あったんですが、いずれの項目でも、高層階に住む子どもたちのポイントは、低層階に住む子どもたちよりも低くなったんです。

これは、高層階に住む子どもほど外出する機会が少なくて、親の干渉を受けやすいためだと考えられたんです。

また、イギリスでは、1970年代に同様の調査が行われたんですが、マンションの上層階に住んでいる母子は、心身症になりやすいという傾向が判明したんです。

そして、イギリス政府は、この調査結果を受けて、公営の高層住宅の建設をストップして、2人以上子どもがいる家庭には、庭のある家を斡旋したのです。

高層マンションは、大人にも微妙な心理的影響を与えるんですね。

10階以上の高層階を選ぶ人は、上昇志向が強くて、周りの人を見下す傾向があるようなんです。

また、好き嫌いが激しくて、隣人との付き合いを避けたがるという、特徴も指摘されているんです。

高層階に住んでいると、無意識のうちにストレスがたまるので、引っ越ししてきてから、イライラしたり情緒不安定になったという人も多いんですね。

夜景も美しくて設備も快適な高層マンションなんですが、人にはやさしいとは言えないかもしれませんね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ