顔色をうかがう時は相手の顔の左半分で判断しよう!その理由は?

ふじきちです。

今回は、相手の機嫌を読みとる心理学講座です。

人の顔色をうかがう。

という言葉がありますね。

会話の内容ではなくて、相手の顔のようすや表情から、

その人は期限がいいのか?

それとも不機嫌で不愉快なのか?

を読み取ることができるのです。

それを、

顔色をうかがう。

というわけなんです。

ところで、顔色をうかがうのにも、コツがあるんです。

それは、顔の左半分のほうに、より注目するんです。

というのも、人間の顔は、右半分よりも左半分のほうに、

本当の表情が表われやるいからなんです。

前にもお話しましたが、これには人間の脳の仕組みが関係してるんです。

脳は、右脳と左脳に分かれていて、

左脳が、意識的に考えたり、何かを記憶する機能を司っているのに対して、

右脳には、何かを創造したり、直感を働かせたりする機能があるんです。

そして、人間の神経は、体内で交差しているので、

右脳の動きは左半身に、

左脳の動きは右半身に出やすくなるのです。

人が無意識に抱いた感情はm右脳の働きによるものが多く、

それは、左半身に表れやすいんです。

なので、感情の動きは、頭の左半分により強く表れることが多くなるんです。

顔色をうかがう、

ときは、顔の左半分に注目したほうが、より確かなんですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ