頻繁にメガネを触る人は、実はウソをついているんです!その理由は?

ふじきちです。

今回は、相手が体のどの部分を触るかによって、

ウソを見抜ける!!

そんな、深層心理のお話です。

口や鼻に手をやる、

眉をこする、

かけているメガネに触れる、

というようなしぐさをよく見かけることってありますよね。

もちろん、鼻がかゆいとか、メガネがずれたといった、

当たり前の理由の場合の多いんですが、

頻繁にこの手の動きをする相手には、注意が必要なんですね。

なぜなら、人はウソをついているときや、本音を隠したいときは、

手が顔に触れる動作が増えるからなんです。

表情を変えたことで、ウソを見抜かれるのではないかという不安が、

顔を部分的に覆う行動を、とらせてしまうわけなんですね。

しかも、隠し事をしているときには、

アゴ、頬、口、鼻、眉、額、耳たぶ、髪の毛、

など、あらゆる部分に手がいくんですが、

なかでも多いのが、口と鼻なんです。

ウソをつくと体内メカニズムが変化して、鼻がムズムズするので、

思わず鼻を触ってしまうんですね。

単に触れるだけではなく、

こすったり、

ひっかいたり、

引っ張ることもあるんです。

また、メガネを触るのは、露骨に顔を触るのを、

避けるための代替行為なんです。

話しているうちに、相手がやたらと顔を触ってきたら、

それこそ、眉に唾をつけて聞くようにすれば、

すべてを鵜呑みにすることはしないはずですよね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ