電車の座席の真ん中に座る人は、実はこんな性格なんです!

ふじきちです。

今回は、ぜんぜん席が空いてるのに、最初から真ん中に座る人の深層心理を覗いていきましょう。

電車の長い座席は、通常は両端、つまり扉に近いとこから、埋まっていくんです。

まだ、誰も乗っていない電車の扉が開くと、

乗客が真っ先に向かうのは、座席の一番端の席なんですね。

この行動には、実は人間のある心理が潜んでいるんです。

人は、他人との間にある一定のスペースを保ちたがるものなのです。

一種の縄張り意識といってもいいんですが、人は自分のまわりに、

これ以上は、他人に入ってきてほしくない、スペースを持っているんです。

そのスペースを無視して、他人が自分に極端に近づいてくると、

人は不安や不快を感じるんです。

なので、電車の座席は両端から埋まっていくんですね。

つまり、他人同士なるべく遠くに離れようとする本能が働くのです。

ところが、いきなり座席の真ん中に座る人っていますよね。

けっして多くはないんですが、こういう人は、他人と自分との間の距離感が気にならない人、

他人が身近に入り込んできても、不安にならない人なんです。

こういう人は、普段でも人間関係に無頓着になりがちなんですね。

他人との間に一線を引くことなど考えないで、

その人が他人に入り込んんでほしくない領域にも、遠慮なく入り込んでいくんです。

こういう人は、一緒にいて落ち着かない気分にさせられるので、

あまり、一緒にいたくないですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ