電話のかけ方を見れば、その人の心理状態が丸見えになっちゃうんです!その見抜き方はこちら→

ふじきちです♪

電話をかけながら、メモ用紙にグルグル輪を描いたり、漫画を描いている人がいるものなんですが、

そういつ人は、その電話で交わされている話に対して、すでに興味を失っていることが多いんです。

たとえば、つまらない話やささいなクレームに延々と付き合わされているときなど,

同僚にそんな様子が見られたら、

「別の電話がかかってきた」

とか、

「約束のお客さんが来た」

などを理由に、電話が切れるように助け舟を出してあげるといいでしょう。

また、受話器を耳から少し離すようにしているのは、電話による会話より、

周囲の様子が気になっているとき。電話の話がよほどつまらないか、周りの人の話が気になっているのです。

一方、前かがみになって電話で話している人は、その電話の相手にかなり気を遣っているサイン。

重要な人物と話していたり、相手に恐縮しているときは、頬ずりをするかのように受話器に顔を近づけるものなんです。

そんなときには、電話での会話を邪魔しないように、周りの人も気を配る必要があるんです。

また、ふだんから、受話器を耳から少し離す人には、自分が主導権を握りたいと思っていると同時に、

他人に対する警戒心が強い人が目立つんです。

敵に回すと、何かと面倒くさいことになりやすいので気をつけましょうね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ