話題は、カッコ未完」にしよう!そうすれば、あなたの思い通りに伝わるよ!

先方が一日に何人もの営業マンを相手にする人だと、

こちらがどんなに一生懸命に営業をしても話の内容すら覚えてもらえないということがあるんです。

こういった時、自分の提案を相手の記憶に留めさせるにはどうしたらいいのか?

それには話を完全に終わらせないで、未完のままにしておくのが有効なんです。

というのは、目標を達成できないで中断した提案のほうが、

完了してしまった提案よりも記億に残るからなんですね。

これは「ツァイガルニク効果」といって、ある目標を達成しようという時には緊張が持続して記憧が保持されやすいんですが、

目標が違成されると緊張が解消して忘却がはじまってしまうというものなんです。

そこで、提案の内容をなかなか覚えてもらえない人にはこのツァイガルニク効果をうまく利用するといいのです。

たとえば話が終盤に差しかかったところで、

「この件については、現在、社内で詰めております。今日はその部分をご説明できませんが、次回にぜひお話させてください」

とか,「お忙しくて時間がないでしょう。途中ですがウ日の説明はこの辺で終わりにしておきますよ」

などと言って、説明を完全に集結させないのです。

すうすれび、その場で話が完了してしまうよりも提案の内容が長く記憶されることになるのです。

同じ相手に何回も使える手ではないんですが、あまりに話の内容を覚えてもらえない人には、

一度試してみるといいでしょうね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ