落ち込んだ気分が吹き飛ぶ、表情の作り方教えちゃいます!

ふじきちです♪

気分が落ち込んだり、憂諺な状態が続いている時、どうしたら心を楽にすることができるかわかりますか。

しかたないとあきらめて、その状態から脱出できるまでじっと待つ、

という人も少なくないでしょう。

アメリカの心理学者ウイリアム・ジェイムズ氏は、

こういう場合いかにも元気そうに振舞い、笑顔で快活そうに話すことが最善の方法だと唱えているのです。

これは、心と体は連動しているという理論に基づいたもので、

努めて明るく振舞えば心のほうも自然と明るくなってくるというのです。

反対に、悲しそうにしていると本当に悲しくなってくるというんです。

「人は悲しいから泣くのではない、泣くから悲しいのだ」

とジェイムズ氏は言っているんですね。

この心と体の連動については、ほかにも数々の心理学者が実験を行っているんです。

たとえば認知心理学者として有名なジョンソン・レアード氏は、

被験者に笑顔、怒り顔、泣き顔などさまざまな感情を人為的に作り出させてから、いくつかの絵を見せた。

すると、笑顔の時は絵を見ると笑い、惑った顔の時は怒りの感情が湧き出てくるという結果が得られたんです。

つまり、心と体は一体なのです。

少しでもつらい、悲しい、憂鬱いった感情を覚えたら、即刻笑顔を作り、元気よく振舞ってみましょう。

例えば、上司に不満を持ったときにも同じように行動すれば、

余計な怒りは静められるはずですよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ