茶色の靴を履く人って子どもっぽい性格って知ってました?

ふじきちです。

今回は、どんな靴の色を好むかによって、その人の性格がわかっちゃうんです。

それでは、深層心理を覗いていきましょう。

よく、

お洒落は足元から

などと言いますが、いくら高級そうなスーツでびしっとキメても、

靴がくたびれていたら、台無しですよね。

ビジネスマンたるもの、常に足元にまで気を配ってほしいものですね。

安っぽかったり汚れたりすると、文字通り、

足元を見られる

こともあるので、中止してくださいね。

そんな足元のお洒落からも、わかることがあるのです。

まず、靴を何足も持っていて、TPOに合わせて履き替えているという人は、

言うまでもなくお洒落で、なおかつ気配りができる人なんです。

つい、手を抜きがちな靴に、気を遣うということは、

他の人が気づかないことにまで、神経が行き届いている証拠なんですね。

また、茶色の靴を好む人は、大人になりきれていない、

子どもっぽい性格なんです。

自分を抑制できる人が、黒を好むのと対照に、

どこかわがままで、本邦な一面を持っている人が、茶を好む傾向にあるんですね。

一見、黒は保守的で遊び心がないように思えるんですが、

黒を好きな人は、気分転換に茶色を購入することもあるんです。

ところが、茶色が好きな人は、

靴売り場でさんざん悩んでも、結局はいつものように、茶系を選ぶことが多いんです。

よく言えば、こだわり派なんですが、裏を返せば自分の好みを曲げない頑固者なんです。

今後、初対面の人の足元は、こんな意識でみると面白いですよ。

 


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ