自分の弱点を守るには、実は弱点を先に見せたほうがいいんです!

ふじきちです。

今回は、誰にでもある弱点。

それを、相手から攻められないようにする、

そんな、心理操作術の話です。

普通、自分の弱点は、なるべく知られたくない、

と誰もがそう思っていますよね。

弱点を突かれたら困る、

自分の立場が弱くなる、

そう考えるのが、普通なんです。

でも、逆の発想をしてみるのも、

アリなんですね。

最初から自分の弱点を伝えると、弱点を知らされた相手は、

そこを攻めるのは、申し訳ない。

弱いところを突くのは、卑怯だ。

という心理が働いて、そこを避けるようになるんです。

結果的に、弱点の部分は守られるようになるんですね。

わかりやすく言うと、

僕は、サッカーが全然わからない。

と言えば、相手は、

この話題を出しても、しかたないな。

とサッカーの話題は避けますよね。

同じことは、内面的な部分でも言えるんです。

僕はどうも、優柔不断なんです。

と最初に言っておけば、たとえ相手がそう思っても、

自分でわかっているなら、言ってもしかたないな。

と思って、突いてこないんですね。

気持ちよく会話を進めたいときは、先に自分の弱点を相手に知らせて、

こういう人間なので、わかってくださいね。

という気持ちを伝えるのも、ひとつの有効な手段ですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ