自分に賛同するか、どうか?一発で見抜く方法!

ふじきちです♪

会議中に誰が自分の賛同者なのかを見抜きたいのなら、参加者の足の向きに注意してみましょう。

というのは、足の方向は好感を持っている相手のほうへ向きやすいからなんですね。

カウンター式のバーなどに行ってみると、この心理がよくわかるんです。

お互いに好意を抱いているカップルは、足の方向がお互いのほうに向いているんですね。

ところが、まだ付き合いはじめたばかりで遠慮しあっているカップルや、

険悪な雰囲気のカップルだと足の方向がそれぞれ逆を向き、

話をする時は上体をひねって相手のほうを向く、

という状態になるんです。

この法則はたいていのシーンに当てはまるんですね。

会議においても発言者の話に興味があったり、賛同していたりすれば足がその人のほうを向くのですが、

関心がない話の場合は顔が発言者のほうを向いていても、足は違う方向へ向いている可能性が高いのです。

また、上司に相談や提案をする時も、上司が足ごと自分のほうを向いて聞いているか、

または顔や上体だけこちらに向けて聞いているかに注意してみるといいんです。

足が自分に向いていない時は、ほかのことに気を取られているか、

話の内容に関心がない場合が多いんです。

合コンでも、もし気に入った相手がいたらまずその人の足の向きを見てみましょう。

足の方向で好意を抱いている相手が誰なのかがきっとわかるはずですよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ