緊張しない心のトレーニング法!実は誰にでもできる方法だったのです!

ふじきちです♪

面繊のない人と会ったり責任の重い仕事を任されたり、

あるいは突然、上司に呼び出されたりと、

ビジネスマンはたびたび緊張感に見舞われますよね。

そうした緊張をほぐすためには、あえて正直に弱音を吐いてみるといいんです。

「初対面なので胸がどきどきしています」

「舌がもつれてうまく話せません」

「怖いです」

「本当に自分にできるか不安です」

など、胸の内に秘めた思いを吐露してしてしまうのです。

そうすると、言葉と一緒に緊張感も放出され、次第に心に落ち着きを取り戻すことができるんですね。

これは、ドイツの心理学者ウィルヘルム・ヴント氏が考案した

「内観法」を応用したものなんです。

内観法とは自分の心のなかを冷静に観察し、ありのままの気持ちを言葉にするという方法で、

時々心の動きを口にすることによって胸のなかにつかえていたわだかまりがなくなり、

同時に悩みが生じる余地もなくなるというんです。

緊張するのは何もビジネスの世界だけに限らないので、さまざまなシーンでこれは役に立つはずですよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ