絶対悩みを解決できる方法?実はペンと紙を使うといいんです!

ふじきちです♪

サラリーマンなら誰でも仕事上で一度や二度は壁にぶつかり、ひとりで悩んだことがあるはずですよね。

こういう時は腕を組んでくよくよ考えるよりも、問題点を文字にして書き表すと意外とすんなり解決するんです。

たとえば、商品が急に売れなくなって悩んでいる営業マンなら、

なぜ商品が売れなくなったのか、自分なりに箇条書きにしてみるといいのです。

売れない理由は商品に欠陥があるのか、それとも消費者が商品に飽きてしまったのか、

あるいは商品の値段が高すぎるためか、はたまた自分のセールストークが間違っているのか、

問題となりそうな部分をすべて納得がいくまで列挙してみるのです。

すると、腕を組んでじっと考えているよりも、はるかに早く問題の解決方法を見つけることができるんです。

これを心理学では「認知行動療法」と呼んでいます。

問題となっている部分を文字で書き表すことで、何がどう具体的に問題となっているのかを客観的に見られるんですね。

このほうが頭のなかで考えているよりも問題解決の糸口が見つかりやすいのです。

この時のポイントは、まず「具体的な悩み」を最初に書き、

次に「それはなぜ起こったか」、

そして「問題点のプラス面とマイナス面」、「考えられる解決方法」と続けることが大事なんです。

この方法は心理療法で「現在・未来表」として実際に使われているんですね。

仕事の悩みはペンと紙だけで解決できることも多いのです。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ