結論は最初と最後の2回言うといいってホント?本当です。

ふじきちです。

今回は、効果的な結論の言い方講座です。

会議や打ち合わせなどで、

自分の意見を述べたり、何かの報告をすることは多いですよね。

どこに結論を持っていくかで、相手にうまく伝わるかどうかが、

変わってくるんです。

もっとも、効果的なのは、

最初にまず結論を述べて、

そして、話の最後にもう一度結論を付け加えるという展開なんです。

たいていの場合、聞いているほうはまず、

話している人が、出した結論を知りたがっているんです。

そこでまず、最初にはっきりと、

自分は、こう考える。

調査の結果は、こうだった。

と、結論を述べるんです。

相手は、それを踏まえたうえで、あとに続く話を聞くんです。

結論に至った根拠や考え方や過程を聞くときは、

先に結論を知っていたほうが、理解しやすいんですね。

そのうえで、最後に再び、

最初に述べたように、

あらためて、繰り返しますが、

などと念を押して結論を述べるんです。

すると、聞いているほうも、頭の中が整理できてわかりやすいんですね。

結論は、最初と最後に二度述べる。

これを実践すると、自分の考えを明確に持った、

知的な人間だという評価も得られやすいのです。

結論は、最後までとっておこう。

という人もいるんですが、

よほどの話術や、誰もが驚くような意外な結論ではない限りは、

人を人を引き付けるのは、難しいんです。

最悪の場合は、話にまとまりがなくなって、

自分でも混乱するので、注意してくださいね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ