第一印象で失敗しないためのカンタン実践心理学講座

ふじきちです。

今回は、カンタンにできる、第一印象を失敗しないための心理学講座です。

人は、無意識のうちに、初対面の相手から、さまざまな要素を感じ取って、

そこから第一印象を形づくっているんです。

その要素とは、

穏やかそうな人

とか

冷たそうな人、

といった性格的特徴をはじめ、

頭の回転が速い人、

教養のある人、

といった知的特徴、また、

行動派でエネルギッシュな人、

覇気のなさそうな人、

といった意欲的特徴などですね。

それに加えて、第一印象が大きく左右されるのが、

見た目

なんですね。

昔から、

人は外見で判断してはいけない。

と言われてきたんですが、それはいかに人を外見で判断しやすいかの、

裏返しと言えるんです。

人間は、初対面ではかなりの部分、身体的・外見的特徴によって、

決めているんですね。

たとえば、被験者にいろいろな写真を見せて、その人の印象を調べるという実験データがあるのでご紹介しましょう。

それは、

外見的魅力がある人、

普通の人、

外見的魅力がない人、

それぞれの写真を用意して、被験者にその写真を見せて、印象を尋ねるというものなのです。

その結果、外見的魅力がある人は、そうでない人に比べて、

肯定的なイメージで評価されたんです。

仕事とをきちんとしていて、自信を持ち、好奇心が旺盛で、幸せな生活を送っているといった具合なんです。

こうした傾向は、相手が異性の場合は、顕著になるんです。

心理学者のE・ウォルスターらが行った実験では、

被験者の男女がダンスのパートナーを選ぶ時や、

その後、デートするかどうかは、

外見的魅力に大きく影響されることがわかったのです。

要するに、相手の人柄や知的レベルよりも、外見のほうが重要なんですね。

と聞いて、

自分は顔もスタイルもよくないし・・・

がっかりした人も、大丈夫です。

救いの道はあるんです。

それは、とりあえず、服装をパリッと決めればいいんです。

初対面では、相手を知るための情報は、ほどんどないですよね。

そこで重要になってくるのが、服装や髪形なんです。

顔立ちやスタイルが多少悪くても、服装がパリッと決まっていれば、

好印象を与えることができるのです。

逆に、髪がボサボサだったり、シャツがよれよれだっだりすると、

第一印象は、ガクッと落ちますね。

おまけに、

頭が悪そう、

仕事もできなそう、

など、能力や人柄、社会的信用まで、疑われてしまう可能性があるんです。

これからは、おしゃれに無頓着な人でも、せめて身なりは清潔にしましょうね。

いいことありますよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ