相手の興味を引かせるための正しい体験談の織り交ぜ方とは?

ふじきちです。

今回は、交渉などで使う正しい体験談の話し方を伝授したいと思います。

何事も抽象的な話よりも具体的な話のほうが、興味を引くものですよね。

そのうえ、実際にあった体験談になると、人の好奇心を刺激しないわけないんです。

なので、相手を話に引き込もうとするときには、

自分の実体験を話してみるのもいいんですね。

たとえば、ある製品の購入を迷っているときに、店員さんが、

私もこれを買って、家で使っているんですよ。

とその製品の実際の使い勝手を話してくれたら、身を乗り出して聞くでしょう。

単に、カタログ上の利点を話されるより、

ずっと参考になりますし、興味をもつからなんですね。

特に私生活で起こった実体験を話すのが、効果的なんです。

誰しも少なからず、相手のプライバシーを覗いてみたい、

という好奇心は持っていますよね。

実は昨日、家でこんなことがありまして・・・

と話せば、相手のそんな好奇心を、満足させることができますし、

また、私生活の話を打ち明けてくれた、

と思って親近感を抱かせることもできるんですね。

さらに、そのうちに相手も、自分の体験談を話したら、

これはもう、あなたのことを信用している証拠なんです。

sかkり、あなたのペースに引き込まれているということなんですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ