相手が怒っているとき一番効く方法?これをやると相手を思いやる気持ちも芽生えますよ!

ふじきちです♪

こちらに非はないはずなのに、こっぴどく上司に怒られた、

同僚のあまりのいい加減な仕事ぶりに腹が立った、

親切で忠告したのに逆切れされたなど、

腹だたしい思いをした時、

あなたならどうしますか?

その気持ちを相手にぶつけても事態は悪くなるだけなんですね。

退社後、酒でも飲みながら誰かに愚痴を聞いてもらうのもひとつの手なんですが、

即効で怒りを静めるうまい方法があるのです。

それは不平不満、怒りを紙に書きなぐることで解消できるのです。

とにかく、胸の内に思っていることすべてをぶちまけるつもりで書きまくるのです。

もちろん誰にもそれを見せてはいけないんです。

これでも怒りが治まらなかったら、どうすればいいか、わかりますか。

そういつ場合はひと呼吸おいてから相手がなぜこんな言動、行動をしたのか考えてみるといいんです。

自分がこんな言い方をしたから相手は快く思わなかったのだろう、

じつは体調が悪かったのではないか、

ほかの誰かに言われてしかたなくやってしまったのかもしれない、

など相手の立場に立って考えるといいんですね。

紙に書いて図式化してもいいでしょう。

ウソでもいいから、広い心の持ち主になったつもりで相手の気持ちをあれこれ推測してみるといいのです。

次第に怒りは治まって、逆に相手を思いやる気持ちまでもが生じてくるはずですよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ