最初のあいさつで相手の本心をズバリ見抜く方法!意外と簡単にわかっちゃうんです。

ふじきちです♪

ビジネスの世界で、「初めまして」と挨拶するとき、相手の目をじっと見つめる人がいるんですが、

そういう人は、商談や交渉などで優位に立ちたいと思っている可能性が高いんです。

ボクシングの試合直前、対戦相手の目をにらみつける選手がいるんですが、

それと一緒で、潜在的にせよ、まず目力で威圧して相手を圧倒しようと思っていることが多いのです。

そんな相手に対して、つい目をそらし、気持ちで負けてしまうと、相手の思うツボにはまることになるんですね。

にらみ返す必要はないんですが、余裕をもって受け止めたうえで軽く視線をそらせたい。

というのも、初対面で相手の目をじっとみつめてくる人には、過去に相手の目力に気合い負けした経験のある人が少なくないんです。

もともと、気弱だったり、自分に自信のない人が多いので、

余裕ある対応をみせれば、それだけで相手が勝手にひるんでくれることもあるからなんですね。

また、初対面の挨拶で、深々とおじぎをする人は、相手を優位に立たせようという気持ちを抱いているとみていいんです。

もともと、おじぎは、「あなたに敬意を表します。反抗する気持ちはございません」

というメッセージ。

そのおじぎをことさら丁寧にするということには、下手に出ることで相手を持ち上げたいという気持ちが表れているのです。

一方、初対面でも軽く頭を下げる程度なら、対等の関係と思っているとみられるし、

うなずく程度のあいさつなら、自分が優位にあると考えているシグナルと思っていいんです。

あいさつのときの態度は、対抗か、恭順か、尊敬か、対等か、優位かといった相手の心中をはっきりと表わすものなんですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ