握手に力のない人は、他人と一線を越えたくない心理が働いている!

ふじきちです。

今回は、握手のしかたでわかる、他人の心理を覗いちゃいましょう。

日本人の中で、日常的に握手をする人は、多くはないんですが、それだけに、仕事上の付き合いがある人と握手をするというのは、よほどお互いの間の固い絆や結びつきを確かめたいときだといえますね。

握手をするぐらいなので、お互いに強く手を握り合うのが、自然に思えるんですが、あまり強く握り返してこない人もいるんです。

自分がせっかく思いっきり固い握手を交わそうとしているのに、相手はただ手を差し出してきただけ、というのでは、なんだか肩透かしを食らわされたようで、味気ないですね。

こんなとき、相手は儀礼的に握手をしているだけなんです。

そこに、その人の本当の気持ちが、現れているといえるんです。

つまり、

相手は、それほど強い結びつきを求めていない、

ということなんです。

こういう人は、他人との一線を越えることがほとんどないんですね。

常に、一定の距離を置いて、人と接するタイプなんです。

こんな相手には、握手のように直に体と体が接触するような挨拶は、避けたほうがいいですね。

むしろ敬遠されてしまうこともありますよ。

実践でためすとしたら、仕事の契約が終わったとき、握手をするのはどうですか?

良い仕事をできたかの、バロメーターにもなりますよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ