忙しい人に話を聞いてもらうための必殺の方法とは?

ふじきちです。

今回は、多忙な人に話をきいてもらう、

そんな心理操作術のお話です。

忙しくて自分の話を、なかなか聞いてもらえそうもない人を、説得したいときは、

どうすればよいかわかりますか?

時間のない相手を引き止めて、無理やり話を切り出しても、

おそらく時間が気になるので、最後まで話を聞いてもらえないし、

もし、聞いてくれたとしても、

考えておくよ。

などとお茶を濁されてしまうかもしれませんね。

そんなときは、伝えたい内容を記したメモを、渡すのが効果的なんです。

メモならどんなに忙しい人でも、ちょっと手の空いたときに、

目を通してくれる確率が高いんです。

でも、ここで気をつけなければいけないのが、

文章の量なんです。

手紙のような長々としたものだと、最後まで読んでもらえるか、わからないです。

相手に伝えたい要点を、的確にまとめて、

あとで、ちょっと目を通しておいてください。

と渡すようにしてくださいね。

実は、要点をまとめることで、こっちも伝えたい内容を、

再確認することができて、一石二鳥なんですね。

そもそも人は、耳で聞くより目で読んだほうが、

理解しやすいんです。

とりあえず、要点をメモで伝えて、あとでじっくり時間を作ってもらって、話をするのです。

こんな感じでもっていけば、言うことなしですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ