周囲の評価が高い人は、実はある裏ワザを使っているのです!

ふじきちです♪

あなたは仕事で成功して周囲に褒められた時に、

今がチャンスとばかりに自分の手柄をアピールするような言動をとってはいないでしょうか?

こうした自慢気な態度は

「自己高揚的呈示」

と呼ばれるもので、周囲から反感を買う可能性が高いから注意したほうがいいんですね。

「自己呈示」とは、自分のある部分を意図的に見せたり見せなかったりすることで相手に特定の印象を与えて、

自分の姿をより効果的に見せようとすることなのです。

つまり、何らかの言動によって、相手の印象を操作しようというものなんですね。

特に「自己高揚的呈示」は自分の成果を自慢するような言動をとることなんですが、

でも、これをすると周囲には

“高慢なやつだ”

“生意気だ”

と思われてしまうんです。

“出る杭は打たれる”

で、職場でも仕事がしにくくなるかもしれないんで注意してくださいね。

反対に、褒められた時や手柄をとった時に

「いやあ、まだまだですよ」

とか

「今回は周りの協力があったので」

などと謙遜して

「自己卑下的呈示」

をすると好感を得られるんです。

「あいつは能力があるのに腰が低い」

と.周囲の評価も高くなるはずですよ。

謙虚にね♪


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ