口の字型のテーブルの位置取りでわかる他人の性格とは

ふじきちです。

どの席に座るかによって、性格って読めちゃうんです。

今回は、そんなお話です。

とくに、席順が決まってない会議室などで、会議をする場合、自分からテーブルの中央に座る人は、リーダー意識が強いんです。

全体を見渡せる場所にいるのが自然だという人は、集団のなかでも、中心にいたがる人だと言えますね。

こういう人は、会議でない場所でも、やはり中央の席につきたがるんです。

真ん中じゃないと、落ち着かない性格なんてすね。

ところで、口の字型に置かれたテーブルの場合、リーダーの人が、長い辺の中央に座るか、短い辺の中央に座るかで、同じリーダー的資質にも、少し違いがあるのです。

長い辺の中央に座ったら、全体の人のつながりや、積極的な意見交換を重視するタイプなんです。

長い辺の中央からだと、参加者一人ひとりの顔を見て、その気持ちを把握しやすからなんですね。

また、全体を見渡せるので、違う意見を拾って議論させたり、同じ意見をまとめるのにも都合がいいんです。

こういうリーダーは、なるべく大勢の人に、発言させようとするので、会議が活発になるんですね。

短い辺の中央に座るリーダーは、みんなを見渡すというよりも、自分が注目を浴びるほうの立場にいることを、強く意識しているんです。

自分のペースでみんなを引っ張り、ひとつの結論を早くまとめたい場合は、こういうリーダーがふさわしいですね、

リーダーの座る位置によって、どういう会議になるかわかるので、活用してくださいね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ