印象は外見でどこまで左右されるのか?検証してみました!

ふじきちです♪

制服を着ると気持ちがシャキッと引き締まって、プライベートから仕事への切り替えがスムースにできるものなんですが、

これは制服に人の行動や心理を左右する効果があるためなんですね。

スタンフォード大学の心理学者ジンバルド教授が行った「監獄実験」でもこのことは明らかになったのです。

この実験は健全な学生を被験者として行われたもので、

彼らをランダムに囚人役と看守役のグループに分け、

大学内に作った模擬刑務所でそれぞれの役割を演じさせるというものなんです。

囚人役には囚人服、看守役には制服や警棒を与えて数週間をともに過ごさせようとしました。

ところが、この実験は予定を早めて数日で中断せざるを得なくなったというのです。

なぜなら、日を追うにつれ囚人役はより服従的になり看守役はより支配的になり、

最終的には看守役が囚人役に対して残忍な行動をとるまでエスカレートしてしまったからなんです。

制服がそれぞれの役割分担を明確にし、被験者に”制服に合わせて振舞おう”という気持ちを起こさせる一因を担ったのです。

サラリーマンがスーツを着ると、公私の切り替えができるのもそのためなんですね。

スーツが制服の役割を果たしているのです。

なので、ここぞという交渉や会議の時などはきっちりとスーツを着込み、ネクタイを締め直して臨むといいんです。

気持ちがビジネスモードにシフトしてやる気が湧いてくるはずですよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ