劣等感が強い人ほど成功するの法則って知ってますか?

ふじきちです♪

「自分には才能がない」

「家庭環境に恵まれていない」

など自分に何らかの劣等感を持っている人は少なくないんですね。

でも、この劣等感は裏を返せば成功への原動力になるのです。

どうしてかと言うと、劣等感が強かったり窮地に立たされたりしている人はそのハンディキャップを克服しようとして向上心を抱くからなんですね。

一方で、才能や環境に恵まれている人は、それに甘んじて向上心が鈍る傾向があるのです。

そうなると努力しようという気も働かないで、自ずと成功から遠ざかってしまつうんです。

仮に成功したとしても、慢心していては向上心を長く維持するのは難しいのです。

これは貧しいなかから這い上がって一代で大企業を興した父親と、

その跡を継いで会社を倒産させてしまった息子を想像してもらえぱわかりやすいですね。

劣等感や逆境は向上心を奮い立たせる恰好の材料になるのです。

とはいっても、

「自分は何をやってもダメだ」

と、何もせずにあきらめてしまう人が閥題外なのは言うまでもないですね。

常にハングリー精神で、目標に向かって前進できる人が成功に近づくことができるのです。

向上心は大切なんですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ