会議の流れを思い通りにできる魔法の席順とは?司会進行役の方必見!

ふじきちです。

今回は、席順で会議の流れが変わる?

そんなお話です。

反目し合っているライバル同士が、同じテーブルに座ろうとするときは、

テーブルを挟んで、相手と真向かいの席に、座ろうとすることが多いですよね。

これは、相手を攻撃してやろう、

という意識の表れなんです。

相手が正面にいれば、論戦する際にも、真っすぐに相手を見据えられるし、

くってかかるのにも、好都合なんですね。

逆にいうと、気が合っている者同士が、隣り合わせに座ることが多いのは、

相手を同胞とみなして、近距離にいても安心であると、

感じている証拠なんです。

会議を進行していくときには、こういう心理を上手く利用しましょう。

物議を醸さずに進行したいときには、ライバル同士を隣合わせに、座らせてみればいいんです。

すぐ隣に相手がいると、論戦には発展しずらいものなのです。

目を見て抗議しようにも、相手の顔がすぐ近くにあるし、

隣り合わせで論戦していると、全体から二人だけ浮いてしまうんです。

また、反対に色んな意見を出させるために、

会議をわざと紛糾させたいときには、

いつも隣り合わせに座る仲のいい社員同士も、あえて向かい合わせで座らせてみましょう。

普段の

右に同じ

的な意見でなく、異なる意見を引き出すことができる可能性が高いんです。

このように、上手に会議を司会進行できるかは、

会議の席順で決まってくるんですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ