会話が上手な人が使っている間とは?具体例はこちらから

ふじきちです。

今回は、会話が上手な人が実践している、

の取り方をご紹介ししょう。

世の中には、会話の上手な人と下手な人がいますよね。

たいして重要な話をしているわけではないのに、

なぜか熱心に耳を傾けたくなるような人は、

話すときの速度やリズム、

間の取り方などに、秀でてる場合が多いんです。

単調な口調で淡々と話されると、聞いているほうは、

次第に相手が何をいいたいのか、

わからなくなってくるんです。

かといって、早口で一気にまくし立てるのも、考え物ですね。

これでは、会話どころか、相手に喧嘩を売っているようにさえ、

聞こえかねないんです。

その点、会話の上手な人は、話し方にメリハリがあるんです。

さらに、ここ一番というときに絶妙な

が入れられるんですね。

聞き手にとっては、一瞬の沈黙のあと、

次にどんな言葉が飛び出すのかと、集中して聞いているため、

自然と会話が頭に入ってくるんです。

具体的に言うと、何かを説明するときに、

つまりそれは、

でいったん言葉を区切り、

ひと呼吸おいてから、

こういうわけなのです。

と持っていけばいいんですね。

話をよく聞いてもらうためには、

それなりのテクニックがあるということを覚えておいてくださいね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ