人だかりを見て立ち止まるかどうかでわかる意外な心理とは?

ふじきちです。

今回は、人だかりを見て立ち止まる人の深層心理を覗いちゃいましょう。

道で人だかりがあるとき、人によっていろいろな反応があるんですね。

まったく無視して通りすぎる人もいるんですが、

逆に必ず立ち止まり、なぜ人が集まっているのかを見届けようとする人がいるんです。

この人だかりを見て必ず立ち止まる人は、普段から人間関係を大切にする人なんです。

他の人が何に対して注目しているのか、いいことなのか、

それとも、事故なのかが気になってしかたがないんです。

さらに、その場にいる人は喜んでいるのか、

面白がっているのか、あるいは不安を感じているのか、怖がっているのか、

それを見届けないと、先に進めないんです。

つまり、それだけ他人への関心が強いということなんですね。

こういう人は、まったくの他人であっても、

その人のために、何か行動を起こすこともいとわないんです。

協力を申し出たり、救いの手を差し伸べる、

その心の準備があるからこそ、

人だかりに対して関心を持つんですね。

そう言う意味でも、人間関係の中に自分から積極的に、飛び込んでいくタイプだと言えるんです。

逆を言うと、人だかりを無視する人は、人間関係に冷徹でクールな人ということがいえるですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ