交渉で相手にすぐ決断させたい時は、この位置に座らせるといいんです

ふじきちです。

今回は、交渉の時の必殺の位置取りをご紹介しましょう。

決断を先延ばしにしたがる相手と交渉するときは、

時間と労力を使いますよね。

あの手、この手で攻め込んで、

イエス

と言わせようとするんですけど、のらりくらりとかわされてしまうんです。

それでは、どうすれば短時間で、相手からいい返事を取り付けることができると思いますか?

答えは、交渉のときに座る、位置にあったんです。

相手をすぐ決断させたいときは、

相手の真正面に座るようにするのです。

それも、距離が近ければ近いほど、いいんです。

真正面の至近距離から、自分の目を見て話されると、

断るときも、こちらの目を見つめなくてはならないので、

こちらの要求を、拒否しにくくなるんですね。

まず、交渉の行われる場所の、好きな位置に相手を座らせるんです。

それから、自分はおもむろに、相手の真正面に腰を下ろすんです。

そして、テーブルに身を乗り出すようにして、相手との距離を縮め、

目を見つめながら、交渉を始めるのです。

ここまでくれば、相手は蛇ににらまれた蛙状態なんですね。

ころ合いを見計らって、

どうですかね、そろそろ決断してもらえませんか?

と切り出してみましょう。

もう少し、考えさせてください。

と、言える人は、そうはいませんよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ