一応と前置きをつけてしまう人は?

明日のプレゼンは、一応こんな感じでしょうか

一応、私のほうからデザインの提案をしたいのですが

など、一応と前置きが入る人の多くは、固定観念が強くて頭が固い人が多いそうなんです。

この一応とは、途中経過を報告したいという意味だったり、あるいは、決定ではないがとりあえずという時に使われたりする、暫定的なニュアンスをもつ言葉なんです。

でも実際はどうかというと、一応とことわったにも関わらず、その内容が途中で変更される場合は少ないんです。

すでに、本人の中ではやり方を決めた上での一応なんですね。

一方で、

一応このやり方でいくから

という上司の発言を鵜呑みにして、

では、まだ決まってないのなら、こんな方法はどうでしょう?

などとあらたに提案するのは、逆効果になるのですね。

もし、部下は上司の意見に従うものという固定観念をもつ上司だったら、睨まれるのは必至ですよ。

気を付けてくださいね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ