デートのとき、服選びに迷っていませんか?もし迷ったらこの記事を読んでね

ふじきちです。

あなたが今日着ている服の色は、何色ですか?

色は、人の心理状態に深く関係していることは、よく知られているんです。

たとえば、

デートをするときの服の色と、

通勤時の服の色は、違うはずですよね。

もし、はじめてのデートに紺のスーツと白いブラウスを着ていったとしたら、

相手の心を開かせることは、できませんね。

紺や白は、安定感や沈静感を与える色なんですが、

同時に、素っ気なさや疎外感を与える色でもあるからなんです。

なので、そのデートは、盛り上がりにかけたものになるでしょうね。

スイスの心理学者ルッシャーは

赤、オレンジ、黄、緑、青、紫、白、黒の八色のカードを自由に選ばせるという実験で、

人の心理に与える影響を検証しました。

その結果、被験者が選んだ色の好みが、選んだその人の性格を、

象徴していると述べたんです。

赤→激情
攻撃などをあらわし、望みを叶えようとする行動派。

黄→明朗
快活をあらわし、野心家であるが、勤勉家の面もある。

緑→優越感
自負心をあらわし、堅実で我慢強い性格をもつ。

青→落ち着き
物静かさをあらわす。感情の起伏が少ない。

紫→瞑想的
神秘性をあらわす。ロマンチストで感受性が強い。

白→純粋
すがすがしさをあらわすが、冷たい一面を併せもつ。

黒→拒否
放棄をあらわす。強調性に欠け、我が道を行くタイプ。

たとえば、

あなたの横にいる人が普段活発に振舞っていて、

積極的に見える人でも、寒色系の服をよく着ているのなら、

実は、物静かな性格なのかもしれないんです。

色はその人の性格の一端を、示してくれているのですね。

でも、注意してほしいのが、

本質的な性格が、その人の選ぶ色に常に、反映されているということではないんです。

国籍や年齢、その日の気分や男女の違いなどでも、

変わってくるからなんですね。

また、ルッシャーは、

好きな色は、未来や願望、

嫌いな色は、過去の経験、

をあらわしているとして、そのどちらでもない色は、

現在をあらわしていると述べているのです。

あなたの未来、過去はどんな色でしょうか?

いま、一度、好みの色、好みではない色について、

考えてみるのもいいかもしれませんね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ