チェーンスモーカーは小心者ってホント?本当なんですよ!

ふじきちです。

あなたの周囲でも、チェーンスモーカーっていますよね。

今回は、そんな人の深層心理を覗いていきましょう。

煙草を吸い始めたとたん、立て続けに何本も吸って、あっという間に灰皿が山盛りになってしまうチェーンスモーカーの人は、

いつも何か不安を抱えている小心者が多いんです。

近頃の禁煙ブームや分煙の徹底など、愛煙家にとっては肩身の狭い世の中になっても、

百害あって一理なし

といわれる煙草が常に手放せないというのは、

赤ちゃんがおしゃぶりを話せない心理状態と類似したものなんですね。

なぜなら、幼い子は、不安を感じると指やおしゃぶりを口に持っていって、気持を落ち着かせるい言われるように、

チェーンスモーカーの人は、いつも煙草をくわえることで、

自分の気持ちをリラックスさせているからなんです。

実際に、禁煙を始めた人が口さびしいときに、アメやガムを頬張っているのを見かけることがあるんですが、

これらも、本人に安心感を与えて、緊張感を和らげる働きをしているんです。

なので、チェーンスモーカーの人が、煙草に手を伸ばしたら、

何かしらの緊張感やストレスから逃れたい、と思っている可能性大なので、

なるべく深刻にならないようなことは言わないで、

雑談や世間話をして、緊張を和らげてあげてくださいね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ