タバコを半分も吸わないで灰皿に押し付ける行動の裏側とは

ふじきちです。

半分しかタバコを吸わない人、よく見かけますよね。

今回は、そんな人の本音を覗いちゃいましょう。

話をしている相手がタバコを吸っているとき、タバコの吸い方を見ていると
、その人の気持ちが伝わってくることがあるんです。

たとえば、タバコを指にはさんだまま吸うのを忘れて灰が落ちそうになったら、話に夢中になっている証拠ですね。

タバコを口に運ぶ余裕がないわけですから。

また、灰皿に置いたきりそのまま放ったらかしにしている場合も、やはり、話に集中していると思っていいですね。

これと反対なのは、タバコに火をつけたと思ったら、ろくに吸わないでもみ消す人の場合なんです。

これは、間違いなく、

早く話を切り上げてその場を立ち去りたい。

と思っている証拠なんです。

あまり吸っていないタバコが、あっという間に灰皿に溜まったら、その人は早くその場を離れたくて、ウズウズしているはずですね。

タバコを消すのは、話しが終わって立ち去るときにすることですよね。

その行為を繰り返すということは、話しを早く終わらせたいという気持ちの表れなんですね。

また、タバコをこまめに消すことで、話しを終わりにして席を立つタイミングを計っている場合もあるのです。

タバコを消して立ち去る

というのは、行動の流れとしては、自然なんですね。

相手が、そんなそぶりをみせたら、あなたは、結論を急いだほうかいいかもしれませんね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ