セルフハンデキャップとは

ふじきちです。

今回は、大事な仕事前の謎の行動についてお話ししたいと思います。

それでは、改めてタイトル。

大事な仕事の前の謎の行動、セルフハンデキャップとは?

大事なプレゼンや会議が近づくと、急に机のまわりを片づけだす人がいますよね。

ふだんは掃除なんてしないのに、なぜ?

大切な仕事が控えているのだから、そっちに集中すればいいのに。

と周囲もやきもきすることもありますよね。

これは、試験前日になって急に部屋の掃除を始める学生と似ているんです。

実は、これは自信のない証拠なんですね。

掃除だけとは限らないんです。

試験前日になって急に漫画を読み始めたり、友達と電話で長電話したりすることもあるのです。

これらも、自信のない表れなんですね。

勉強しなければならないのは分かってる。

でも、自信がないうえに、今さらどうしようもないていうことは、分かっているんです。

そんな心理から、わざわざ自分を追い詰めるようなことをして、もしも本当に試験の結果が悪かったときの、自分への言い訳を準備しとくためなんですね。

これは、心理学でセルフハンデキャップと呼ばれるもので、あらかじめ自分にハンデキャップを課しておいて、

まあ、しょうがない。

と納得させようとするんですね。

オフィスでも、大事な仕事の直前に掃除などを始める人がいたら、要注意ですよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ