ストレスがたまると、つい衝動買いしてしまうのはなぜだろう?

ふじきちです。

今回は、つい衝動買いしてしまう深層心理を覗いていきましょう。

平日の仕事でストレスをためこんだOLが、会社帰りとか休日に、

衝動買いをしてしまうことってよくあるんです。

デパートやショッピングモールをふらつくうちに、

目にとまった商品が、どうしても欲しくなり、

気がついたら、買っていた、ということってよくあるんですよね。

これはOLに限らず、ストレスをためこんだ人が、衝動買いに走るというのは、

買うことによって、ストレスを軽くしたいためなんですね。

心理学では、こういう行動を、

ストレス・コーピング(対処行動)

と呼ぶんです。

仕事をしていると、仕事そのものをはじめ、

職場の人間関係、上司とのやりとりなど、

ストレスとなる要素は、多々あるものですよね。

ストレスを感じたときに、

音楽を聞いたり、酒を飲んだりするのも、

衝動買いと同じで、ストレスを軽減する、

ストレス・コーピング

のひとつなんですね。

休日になると、OLが街に出かけるのは、

もちろん、ストレスを発散するためで、

それだけでも、ストレス・コーピングの一つと言えるんですが、

その際、

いいね

と思える商品が目に入ると、買い物への誘惑が起こるとともに、

過去に買い物をしたときの、楽しさが思い出されるんです。

ストレスを抱えたOLは、買うという行動が、

ストレス軽減につながることを経験的に知っているんですね。

その結果が、衝動買いということになるのです。

ただし、衝動買いは、一時的なストレス軽減には役立つものの、

新たなストレスを増大させる原因にもなるんです。

それは、買い物によるストレス軽減が習慣化すると、

やがて、買い物をしなければ、ストレスを解消できなくなってくるんですね。

すると、買い物をできないことが、新たなストレスになっていくのです。

そこでまた、買い物をしてストレスを軽くしようとするんですが、

買い物をしている時間は気分が高揚しても、買い物が終わると、

つかの間の高揚感は消えて、罪悪感をおぼえるんです。

その罪悪感にストレスを軽減するために、さらに買い物に走るという、

悪循環が生まれるんですね。

これが、

買い物依存症

の心理的メカニズムなんです。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ