サービス向上を狙うならネームプレート一枚で大丈夫なんです!

ふじきちです。

今回は、従業員に責任感をもたせる、

そんな心理操作術のお話しです。

従業員を熱心に働かせようとしたら、

ひとりひとりにネームプレートをつけるといいんです。

特に、ファミレスなどのサービスの窓口などで、客と直接やりとりする職場では、

ネームプレートの効果は、絶大なんですね。

ネームプレートをつけていないと、相手から尋ねられない限り、

自分の名前を知られることは、ないんです。

いわゆる匿名の状態で、仕事に対する責任感が薄れて、

気が緩みがちになるんですね。

そのために、サービスが雑になったり、ミスを起こしたりする可能性が高いんです。

でも、ネームプレートをつけただけで、その人は、

匿名から実名の個人へと変わることになるんです。

なので、何か問題があったら、名指しでクレームを受けることもあり、

いい加減な仕事は、できなくなるんですね。

雇う側も、現場をチェックして回るときなどに、

従業員のネームプレートを覗き込んで、

ふじきち君というのか。がんばっているな。

と話しかけるようにすれば、さらに実名で働いているという意識は、強くなるんです。

そして、自然と責任感がアップして、熱心に仕事をしてくれるようになりますよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ