カラオケでなんでも歌える人は、実は他人を思いやるのが苦手なんです

ふじきちです。

今回は、カラオケでなんでもうたえる人のウィークポイントを

心理学的に覗いていきましょう。

場の空気を読んで、選曲する気配りがある人、

かたくなににマイクを拒む意固地な人、

など、あらゆる人間像が浮き彫りになるのが、

カラオケなんですね。

当然、そこには、本人が気づかない深層心理が潜んでいるのです。

よく、どんなジャンルの曲でも、器用に歌いこなす

オールマイティーな人っていますよね。

もちろん、天性の資質や音感なども関係あるんですが、

ポップスから演歌まで何でもござれで、

しかも、それなりに歌いきることができる人は、

何事にも柔軟に対応できる、

順応性の高い人間

が少なくないんです。

こういう人は、仕事もそつなくこなす代わりに、

いまひとつ人間的魅力に欠けるのは、否めないんですね。

さらに、他人を思いやることが、苦手なのも特徴なんです。

それは、なぜかというと、

挫折を知らない

人が多いからなんですね。

要求された曲を難なく歌いこなせるように、

そういう人は、それまでの人生をそこそこ順調に歩んできているんです。

したがって、壁にぶち当たる苦しみが、

理解できないともいえるわけなんですね。

それだけに、自分が一度挫折すると、

なかなか立ち直れなかったりするんです。

挫折知らずは、案外、打たれ弱かったりするものなんですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ