アイデアが出ない時の超カンタンリラックス術とは?

ふじきちです♪

何をどう考えてもいいアイデアがひらめかない時、

ただ机に向かってウ〜ンと唸っているだけでは逆効果なんですね。

「ひらめき」

は次のような過程を通って起きるのです。

まず問題を多角的に検討する「準備期」。

これはそれまでの経験則や価値観などを総動員し問題点をピックアップすることで、

自分のなかに問題意識を植えつけるという ものなんです。

つまり、

「プレゼンの失敗要因」

「ノルマが達成できないのはなぜか」

といった改善点への問題意識の確認なんですね。

そして次にくるのが「あたため期」。

ここでは動物が卵を艀化させるために根気よくあたためるのと同じように、

自分のなかでアイデアを寝かせるのなんです。

ある分析によると、この段階で人間は無意識のことが多く、

普段は忘れているが常に頭の隅に問題は残っているという状態だというんです。

このあとはいよいよ「啓示期」すなわち「ひらめき」の時なんです。

これがいつやってくるかは本人には予測できないんですが、

じつは就寝前や就寝直後など、脳がリラックスしている状態の時のほうが訪れやすいことがわかっているんです。

つまり徹夜でアタマを悩ませるよりは、いっそ自宅に戻ってポンと寝てしまったほうがいいということなんですね。

リラクゼーション効果で思いもよらない名案が浮かぶかもしれないですよ。

とにかく、リラックスです!


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ