やっぱりを多用する人は、サッパリした性格?でも

ふじきちです。

あなたの周りでも、

やっぱり

という言葉を多用する人、いませんか?

今回は、そんな人の本音を覗いちゃいましょう。

世界共通語である英語に比べると、日本語は難しいと言われていますね。

実際、日本語の中には、いろんな意味にとれるような便利で曖昧な言葉も多く、

初めて日本語に接した外国人は、かなり頭を悩ませていることでしょう。

僕たちがよく使う

やっぱり

も、なかなか難しい言葉のひとつなんですね。

やっぱりダメだったじゃないか。

やっぱりあなたの言う通りだったね。

など、否定にも肯定にもとれるんです。

これを多用する人は、物事を臨機応変に考えられる人なんですね。

たとえ状況がめまぐるしく変化しても、上手く対応することができるんですね。

つまり、

ひとつのことに決して固執しない、サッパリとした性格なんですね。

でも、日常生活で、

やっぱり

が多いと、意見がコロコロ変わる一貫性のない性格だという見方もできるんです。

こういうタイプの人とは、深く付き合わないで、ライトに付き合うと、いい関係を維持できそうですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ