ひじを張って手を腰に当てる行為にはどんな意味があるの?

ふじきちです。

相手の行動でその人が話を聞く気があるのか、ないのか、わかっちゃうんです。

それでは、今回も他人の本音、覗いちゃいましょう。

人と人とのコミュニケーションは、お互いに相手の話しを聞こうという気持ちがあってこそ成り立つんですよね。

もし、どちらか一方にでもその気持ちがなければ、どんなに時間をかけても商談は、けっして成立しないんです。

それは、時間のムダといっても、過言じゃないです。

そこで、今日の本題に入りましょう。

相手に話を聞く気があるかないかというのは、どうやって見分ければよいのか?

熟練したセールスマンは、訪問先の相手の態度を見ただけで、契約に結びつくかどうか即断するんです。

そのうちのひとつが、次の例です。

もし、あなたが話を始めたとたんに、相手がひじを張って腰に手を当てたとします。

これは、自分の体を大きく見せることによって、相手を威嚇するときにとる姿勢なんですね。

このような姿勢をとるときは、あなたの話を聞こうという意思がないと思って間違いないんです。

こういうときは、さっさと話を切り上げて、退散するに限りますね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ