いつも出入り口に近い席に座る人が抱えている不安とは

ふじきちです。

今回は、よく出入り口に座る人の本音を覗いちゃいましょう。

講習会や講演の会場でも、あるいは教室やオフィスでも、自分が座る席を自由に選べる場合、出入り口に近い席に座りたがる人いますよね。

部屋の前のほうでもなく、

ほかの人とコミュニケーションのとりやすい真ん中でもなく、

なぜか、出入り口に近いほうを選んでしまう。

こういう人は、心に何か不安をもっているのです。

火災などの緊急事態が起こった場合に、すぐ逃げられるように、

という理由で出入り口近くの席を選ぶというならわかりやすいです。

でも、緊急事態という言葉をもっと広い意味でとらえることもできるんです。

時間がその場にいてもいいのかどうか、

自分がその場になじめるのか、

その集団に受け入れてもらえるかどうかわからない場合を考えてください。

自分が受け入れてもらえない、なじめない、というのは、明らかにその人にとっての、

緊張状態なんですね。

そんな場合は、出入り口からいつでも、外に逃げ出せるようにしておきたいんです。

そんな心理が働いて、つい出入り口近くの席を選んでしまうんですね。

実際に、好きなときに外に出られない場合も、同じなんです。

出入り口に近い場所にいることで、人は心に抱えている不安を少しでも解消しようとしているんですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ