あごを引いて上目遣いになったら反論のサイン

ふじきちです。

今回は、相手の目でわかる本音を覗いちゃいましょう。

目は口ほどにものを言う、という言葉がありますが、目を見ているだけで、相手の気持ちや次に言うことが予測できることがあるんです。

今までおだやかに話していた相手が、もしもあごを引いて、しかも上目遣いになったら、

それは、自分に対して何か反論があると思っていいでしょう。

あごを引くというのは、つまり頭を話している相手に向けるということなんです。

これは、犬や猫が喧嘩を始めるときの格好に似ているんですね。

つまり、体の中でもっとも硬い頭を相手に向けることで、相手を威嚇して、それと同時に、

このまま突っ込んでいくぞ〜

という攻撃の意思を示しているわけなんです。

人間の場合も、同じ心理が働くんですね。

相手に対して何か反論があって、

意見を戦わせることになるな。

と思ったら、無意識のうちに、威嚇して攻撃する体制をとるんです。

威嚇や攻撃の意思があるから、あごを引いても相手から目だけはそらさない。

なので、自然に、上目遣いになるんです。

これもやっぱり、喧嘩前の犬や猫に似ていますね。

もし、話している相手がそんな様子を見せたら、反論に受けて立つ心の準備をしたほうがいいですよ。

知っているのに、負けるのは、格好悪いですしね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ