説得力が格段に上がる声のトーンとは?誰にでもできますよ!

ふじきちです♪

どうしても自分の意見を通したい時は思わず力が入って、いつもより大きな声が出てしまうものですよね。

でも、自分の意気込みとは反対に、これではなかなか意見は通りにくいんです。

大きな声を張り上げたり甲高い声で主張したりすると、

相手はこちらが興奮して感情的になっているように見えるのです。

どんなに情熱を込めて説得しているつもりでも、相手にはケンカ腰のようにも受けとられかねないんです。

こうなると、冷静さを欠く相手とは話合いをしたくないと思われて、意見も聞いてもらいにくくなるんです。

また、大きな声で話すと相手は威圧されているような印象を受けるために、反感を覚えやすいのです。

生意気で攻撃的な人だというイメージが植えつけられてしまうことにもなるでしょうね。

それよりは、落ち着いた低めの声で自分の意見を述べたほうが効果的なんです。

低めの声は相手に冷静で真摯な印象を与え、話合いに応じようという気持ちにさせるんです。

提案や企画も甲高い声で説明されるより、低めの声のほうが内容に重みがあるように感じられるんです。

今まで上司に意見を言う時に「これはこうしたほうがいいですよ」

と甲高い声で詰め寄っていた人は、意識的に声のトーンを抑えるように心がけてみましょうね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ