自分の思い通りに話を進める方法?それには誰でもできる三つの法則があったのです!

ふじきちです♪

会議を思いどおりに進めたいのなら、ぜひとも知っておきたい法則があるんです。

それはアメリカの心理学者スティンザー氏による「スティンザーの3原則」といわれるものなんです。

彼によると、

1.以前に自分と議論をかわした相手が会議に参加する場合、その人は自分の正面に座る傾向がみられる。

2.ひとつの発言が出ると、そのあとに出る発言は反対意見が多い。

3.議長のリーダーシップが弱いと参加者は正面に座った人と話したがり、逆に議長のリーダーシップが強いと参加者は隣の人と話しはじめる、

というのです。

そこで、まず注意してもらいたいのが自分の正面に誰が座るかなんですね。

ほかの席が空いているにもかかわらず、あえて自分の正面に座る人は反論する可能性が高いんです。

そのため、あらかじめ相手の意見に対抗できる材料や、賛同を得やすい意見を用意しておくと、

スムースに納得してもらえるんです。

また、重要な発言をするときには前もって仲間の意見を聞いておき、それを話の中に反映させるようにすると効果的なんです。

そうすれば反対意見が出にくくなりって、意見が通りやすくなるのです。

さらに、会議中の私語がどの位置で行われているかを見て議長のリーダーシップを判断し、

それに応じてうまく議長を誘導することができれば、会議の流れは自然とあなたの望む方向に進んでいくことになるでしょうね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ