無理な商談相手を「ウン」と言わせる方法とは?それには、食事に突破口があったんです!

ふじきちです♪

今回は、なぜ、食事を取りながらの商談が上手くいくのか、

解明していきたいと思います。

難航している商談をどうにかしてまとめたい、

なかなか首をタテに振らない取引先をウンと言わせたい、

もしもそんな状況に直面しているのならば、相手を食事に誘うことをおすすめします。

人間は社会生活のなかでは常にどこかで気を張っているんですね。

ところが就寝中と食事中だけはどんなに完壁な人でも無防備になりやすいんです。

とはいっても、就寝中に商談をするわけにはいかないので、

そうなれば食事の席はもっとも相手を落とせる場ということになるのです。

無防備の状態は普段より人の話に耳を傾けやすく、

美味しいものを食べている時の脳は一種の快感状態にあるため説得されやすいんです。

またこれがオゴリとなれば、たとえ相手の下心が見え隠れしても、

少なからず恩義を感じるので、最低限の拒絶反応は薄れるんです。

そうなると、少々無理な話も

「受け入れてやろうかな」

と心境に変化が表れるのです。

中華か和食かはたまた洋食、エスニックか、

事前に相手の好みを調べておけばそこまで配慮してくれたとさらに好印象を抱かれるんです。

相手がどこまで気を許せる場を作れるかが、この作戦の肝なのです。

実戦あるのみですよ。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ