意見をいうタイミングってあるんですか?このタイミングなら大丈夫!

ふじきちです。

今回は、上司に意見をいうタイミングについてのお話です。

上司の指示を素直に聞いてくれる部下はかわいいものですね。

でも、ある程度実力がついてきて、ただ言うことを聞いているだけでは、

上司から絶対の信頼を得ることは、できませんよ。

では、どうしたらよいか、分かりますか?

時折、上司に面と向かって意見をするのです。

できる上司ほど、単なるイエスマンよりも、自分に意見を言ってくれる部下のほうが、頼もしいと思ってくれるんです。

たとえ、その意見が通らなかったとしても、上司には、

自分なりに仕事を真剣に考えているんだな!

という姿勢が伝わるんです。

逆を言うと、常に付き従っているだけだと、

自分の意見はないのかな!

と頼りなく感じられるし、なんでも、

はい、はい、

言っていると、調子のいい太鼓持ちだと、思われていまうんです。

そして、ここで注意してほしいのが、意見を言うときは、

時折

にするということなんです。

あまり頻繁に自分の意見を言っていたのでは、反抗的で扱いにくい部下だ、

という印象がつきかねないんです。

ふだんは忠実な部下で、ここというときに真正面から、

私は、こう思うのですが、

と意見すると、上司から絶大な信頼を得られるんです。

あなたも、ここというときを見計らって、

上司に意見して見ては。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ