実践して下さい!商談の行方は、相手の座り方で9割分かるんです!

ふじきちです。

商談するときは、相手の相手の座り方もチェックしておきといいですね。

もし、浅く座ったら、残念なんですが望み薄なんです。

今回は、商談がどうなるか?

座り方でわかる深層心理を覗いていきたいと思います。

ほとんど、商談は椅子に座って行われますよね。

そのとき、相手がどのような座り方をしたかによって、

その商談が、うまくいくか、いかないか、わかるんです。

まず、相手がどのように近づいてくるか、確認してみましょう。

ゆっくり近づいてくるときは怒りを、

視線を合わせないで早足で歩いてくる時は、

あなたがどんな人物かわからないので、おびえているんです。

次に、椅子に深く座るか、浅く座るかチェックしてみましょう。

もしも、浅く座ったら期待薄なんです。

商談相手は、一刻でも早くあなたとの商談を切り上げて、自分の会社へ戻りたいと思っているんです。

もし、この状態で上半身を乗り出してきたら、

逆に、あなたのことを説得してやろうと思っている証拠なんです。

いずれにしても、商談はうまくいかないんですね。

椅子に深く座ってくれるのは、

ゆっくり話をしたい、

と思っている証なんです。

次にチェックしたいのは、脚の動きなんです。

電車でもよく見かけるんですが、脚を大きく広げて座っている人は、

なわばり

を広く取ろうとしているんです。

権威主義で虚勢を貼ろうとしているので、あまり気分よく、交渉できないかもしれないですね。

反対に、脚と固く閉じている人は、不安や緊張を感じているんです。

そんな人には、不安を取り除く説明をしたほうがいいでしょうね。

ちなみに、あいてがもし貧乏ゆすりを始めたら、

それは、

話を早く終わらせてほしい

というサインなので、早々に切り上げましょうね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ