会議を和やかに進めるたい時は、丸か四角のテーブルどっちがいいの?

ふじきちです。

今回は、テーブルの違いで会議の進行が変わる?

そんな、心理学のお話です。

お互いの意見を活発に好感して、和やかなムードで会議を進めたいときは、

四角いテーブルではなくて、丸テーブルを利用した方が効果的なんです。

四角いテーブルを使うと、議長席が決まっているなどして、常に序列が生まれてしまうし、

大きなテーブルになるほど、対角線上に座る者同士の距離が離れて、

意見の交換がしにくくなってしまうんです。

形式的で格式ばった会議になりがちなんですね。

一方で、丸テーブルだと、席に序列がつきにくく、参加している者が対等になるので、

自由に意見の交換ができる雰囲気を作れるんです。

それに加えて、丸テーブルだと、ある程度大きさが限られているので、

対角線上の者同士の距離が、離れすぎるということもないんです。

誰かの意見が遠くて、聞きづらいということもなく、

全員が、それぞれの意見に耳を傾けられるのです。

さらに、

丸、

には角がなく、

和、

を連想しやすいことからも、和やかに進行が進むことになるんですね。

普通は、会議のテーブルなんて気にしない人のほうが多いと思うんですが、

会議をセッティングする際には、てーぶる選びからこだわると、

目的に合った会議の雰囲気作りができるんですね。


いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
6/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

他人の本音がわかる心理学管理人のふじきちです。

このサイトでは、僕も会社で使っている、実践心理学をお伝えしたいと思います。

人間関係の悩みを解消できれば、人生は楽しいですよ。

このページの先頭へ